MENU

News

最新のプロジェクト情報やPACからのお知らせをご紹介

<2020新卒募集>自分始動で作り上げていく面白さー自分にしか出来ない提案がある。自分だから成功したプロジェクトがある。

2019.03.22

ライフスタイル分野に特化したデジタル&PRエージェンシー、PA Communication(以下PAC)で活躍する社員インタビュー。

今回はPRプランナーの盛晋太郎さん。印象に残っているエピソードやPACの魅力などをご紹介します。

★2020年卒の採用エントリーはこちらから!

お名前:盛 晋太郎

役職:PR Planner

簡単な職歴:セレクトショップ、ストリートブランドを経て広告代理店

趣味・特技:ファッション考察、ワークアウト、サウナ、遊戯王

 

PACに入社したきっかけを教えてください。

前職は広告代理店で、メディアバイイング、クリエイティブ、プロモーションの提案をしていました。広告代理店では一定の金額で施策を組み提案する面白さがありますが、PRの場合は切り口や打ち出し方次第でいくらでも世の中に発信ができる可能性に魅力を感じました。

また、PACはファッションだけではなく、音楽やカフェなどさまざまなジャンルの取り組みをしています。特化したものだけではなく異業種の協業や広がりに自分が関わりクリエイティブな提案をしたいと思い入社しました。

 

どんな業務をされていますか。

数社クライアントを持ち、各クライアント/ブランドに沿った戦略でアプローチや提案を行っています。ブランドイメージをよりよく発信するために、通常のPR活動(リリース作成、リース、キャラバン)を行っておりますが、私は前職が広告代理店だったということもあり、積極的にプロモーション提案、クリエイティブ提案を行い攻めのPR活動をしています。

 

過去の経験で印象に残っているエピソードはありますか。

いくつかありますが、その中でも特に印象に残っているエピソードが3つあります。

1つ目は、私のメインクライアントであるアウトドアブランドの競合コンペを勝ち抜いたことです。チームを結成し、役割分担を決め、徹底的にブランドのことを調べあげ、これまでのリレーションを駆使し、最善の提案ができた中で勝ち取ることができました。

 

すごいですね!立ち上げから始めるにはチームの団結力も重要です。

チームでの経験が今の自分に繋がっています。PACの魅力は個々に活動するだけでではなく、クライアントやプロジェクトごとにチームを結成します。意見を持ち寄りディスカッションすることで新しい発見が生まれたり…本当に入社や年は関係なく意見しやすい環境です!

 

「会社の雰囲気(環境)」イコール「チームの団結力」につながっていることが伝わりました!2つ目は何ですか。

2つ目は自分のキャリアのスタートであるセレクトショップとクライアントとの共同企画を立案・完遂できたことです。

セレクトショップで働いているときに知り合ったデザイナーさんと共に作り上げたビジュアルはインパクト抜群で一生の思い出です。

 

プロジェクトでは社内賞を受賞。こちらでもご紹介しております・

PAC Award 2018 上期編 -社内表彰のご報告 ベストプロジェクト賞-G-SHOCK fits your styleの企画から製作、イベント運営までトータルで実施

G-SHOCKをファッションシーンで魅せるというミッションに対して、「G-SHOCK fits your style」の切り口/テーマを考案し制作物に落とし込みました。制作物=ビジュアルでの表現(ブランディング)もご提案が起点となっています。企画・ご提案〜実施〜検証を日々ご提供しています。

 

クライアント同士の架け橋ですね。PR会社の魅力の1つでもあります。

最後の3つ目は、PACが広報代行をしている、RECORD STORE DAY 2019(https://recordstoreday.jp/)と某帽子メーカーとコラボキャップの企画・制作・PRに携われたことです。音楽とファッションはとても相性が良いので、その2つを結びつけて新たな“モノ”を生み出したいと考えました。

何より自分始動でコラボ商品を作成できたのは、大きな経験だと思い、純粋にうれしいです(笑)まだ進行中なので、楽しみな仕事の1つです。

 

人とのつながりやチームで働く楽しさが伝わってきます!チームで働くうえで1番大事にされていてる事はなんですか。PACに関心をもった新卒の方、中途の方へのメッセージもお願いします。

絶対的に大事なのが人とのコミュニケーションスキル。同じ内容でも伝え方によって大きくイメージが変わるので、どう相手にうまく伝えられるかを常に意識しています。

就職活動中の学生の皆さんへお伝えしたいことは、固定観念や枠に囚われずにいろいろな視点からものをみてほしです。アンテナを張って情報収集する、の人たくさんと会って話を聞く。それだけでも視野は広がります!

 

仕事道具で欠かせないものはなんですか。

携帯電話と祖父の形見のリング。

携帯電話はレスポンス重視ですので、鳴ったら常にチェックします。祖父のリングは実は判子になるという(私の姓ではないですが)ノリの良さです(笑)

 

将来のキャリアについて考えていることはありますか。目標はありますか。

スケールが大きくなってしまいますが、ファッション業界を盛り上げたいです。

現状、ファッション単体では元気がない状態なので、上記のRECOD STORE DAYのようにライフスタイル、カルチャーを切り口にした施策を行って行きたいです。

 

PACの魅力を教えてください。

良い意味でルールのない柔軟性の良さが最大の魅力です。

提案・施策に関しては“こうしなくてはならない”といったものが無いので、自分の好きなように仕事ができます。そのため、自分のペースで動けます。

確かに仕事が立て込み、忙しくなることもありますが、その分時間ができれば自由に有給がとれます。私は来月、韓国とフェスに行ってきます。

また、新事業部にも関わらせていただく機会が他社と比べて多いと思うので、色々経験ができるのも魅力です。

 

最後に…この記事を読んでいる 未来のメンバーにメッセージを

新しい事に挑戦することに魅力を感じたら是非チームを組み、一緒にやり遂げましょう!一緒にファッション業界を盛り上げましょう!

 

【1日のスケジュール】

10:00 出社

11:00 メールチェック&案件進行

 

13:00 ランチ

14:00 社外MTG

17:00 帰社&企画書作成

19:00 退社→プライベートor自宅作業

 

 

その他のNEWS

新生メイクアップブランド「AINOKI」のPR活動開始!

2019.10.04

〈スペイン・バルセロナ発〉 カジュアルモードブランドBershka(ベルシュカ)のAW19 PRESS DAYを 東京タワーの麓にあるスターライズタワーで開催!

2019.09.30

後半【インタビュー】加藤翔哉さん ベストワーク賞獲得につながった、
「相手を笑顔にさせるためにできること」

2019.09.17

NEWS 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせ

03-5464-7366

営業時間/10:00〜19:00 
土日祝・年末年始休業

Facebook Instagram

メールでのお問い合わせ

お問い合せフォームはこちら

内容を確認し、
こちらからご連絡いたします。