faq

faq

弊社のサービスについて
question
ifca showroomについて教えてください。
answer
ifca showroom(アイエフシーエー・ショールーム)は弊社運営による、お客様からお借りしたサンプルを展示してファッション誌、TV等に貸出しをするプレスルームです。現在約30ブランドのサンプルを展示し、毎月のべ100名程のスタイリストがリースに訪れます。表参道という好立地と多くの著名ブランドとの相乗効果で多くのメディア関係者が訪れパブリシティ獲得に貢献しています。詳細はこちらまで
question
ライフスタイル分野に特化する理由について教えてください。
answer
弊社はファッション、スポーツ、インテリア、コスメ等のライフスタイル分野の企業、ブランドに特化したPR活動を行っています。ファッションを初めとしてこの分野はビジネスや市場に関する専門的な知識が不可欠です。単にお客様からいただいた情報を発信するだけの従来型PRでは事足りず、幾分コンサルティング的な要素が必要になるからです。
question
御社のサービス領域に付いて教えてください。
answer
PRに関してはリリースの作成やメディアキャラバン等のベーシックなものからPRイベントの開催迄幅広く対応します。さらに、商品企画、販促計画、WEB/SNS、広告等、PRを軸にしながらコンサルティングから実施迄、マーケティングのほぼ全領域に関して対応可能です。ファッションに関してはifca showroomにサンプルを展示することでプレス業務を一括して依託可能です。
question
主な取引先、取り扱いブランドについて教えてください。
answer
ファッションではFOREVER21、スポーツではASICS、時計ではカシオ計算機、ITではAmazon、ヘッドホンのBeats等と世界的なグローバル企業と総合的な内容で直接契約にて業務を行っています。広告代理店等経由の下請け業務はありません。取引先リストはこちら
採用・人事制度について
question
中途採用について経験やスキルは必要ですか?
answer
PR会社での経験、もしくは広告代理店、SP会社でのアパレル等ライフスタイル分野のクライアントの営業経験が必要です。アパレルのプレス経験者も応募可能です。
question
新卒の採用予定人数を教えてください。
answer
毎年若干名(1~2名)を予定いたしております。
question
仕事中の服装はどのような感じですか?
answer
お客様の多くはファッション系でノーネクタイなので、弊社も基本的にカジュアルです。ファッション誌やスタイストなどファッション関係者との会合も多くファッションにこだわる社員が大多数です。記者会見等のイベントではスーツ、プレゼン等ではジャケットを着用するケースもあります。
question
どのような経歴を持つ社員が所属しているか教えてください。
answer
弊社はPR会社でありながら、多種のマーケティング領域のサービスを提供しているため、キャリア採用の経歴も多様です。アパレル会社のPR担当出身が15%、PR会社出身が15%、プロモーション会社経験者が15%、広告代理店、IT代理店経験者が10%、その他事務系と新卒になります。
question
研修、賞罰等について教えてください。
answer
半期に一度、PR賞、ベストプロジェクト賞(各賞金10万円)を表彰。新卒採用者は年に一度の外部研修参加。また、入社1年以内の社員対象にプランニング、PRに関われる社内勉強会が月例で開催されています。
question
評価、昇進について教えてください。
answer
半期に一度役員との面談により五項目からなる目標管理シートを作成し半期ごとの評価をA~Eの五段階で決定します。マネジャー代行、マネジャー、部長(ディレクター)の役職があります。マネジャー代行、マネジャーが統括するチームと部長が統括するグループが各チームの上に存在します。
question
賞与に付いて教えてください。
answer
固定的に一律支払われる一般賞与。さらに追加賞与として、半期に一度面談により目標管理シートを作成しそちらの評価をベースに支給する査定賞与と本人が獲得した利益をベースにした利益賞与の二本立てとなっています。以上、合計三種の賞与が存在します。
question
この業界は休日出勤等の業務が多忙か心配です。
answer
基本的に平日で業務が完結するよう指導していますので、イベント、撮影等が重ならない限り休日の勤務はありません。夏休みも含めてしっかりと社員が休日が楽しめる環境づくりを目指しています。
question
英語を生かした海外との仕事はありますか?
answer
弊社の1/3が外資系クライアントで本国との直契約もございます。多くのバイリンガルが勤務し、英語を生かした活躍をしています。また、メディアツアーという形で定期的に海外への出張があります。